フォト

インスタグラム

  • インスタグラムはこちらから!

    Instagram

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日本ブログ村

人気ブログランキング

NC750X

2015年5月 3日 (日)

さらばNC750X!

5月3日(日)憲法記念日

いよいよNCとのお別れの日です。

P1130947

夢店へは、リアキャリアとエンジンガード以外はノーマルの形で引き渡しますので、カスタムパーツを外します。

まずはマフラーをノーマルに。

Img_2707

モリワキの音は良かったな〜。

そして、スクリーンもノーマルに…。

Img_2706

純正のロングスクリーンは、とても優秀でした。
実は、今更ですが初めてノーマルスクリーンで乗ってみたところ、風の当たり方が全然違う。
ロングスクリーンの防風力、恐るべしです。

それから、バーエンド。

Img_2708

最後に、コクピット回りのホルダーなどを外します。
随分とすっきりしちゃいましたね〜。(泣)!

Img_2709

これで、ほぼノーマルに戻りましたね。

そういえば、パイロットロード4はまだまだ行けそうです。

P1130951 P1130952_2

このPR4は良かったですね~。
次期相棒との相性はよくわかりませんが、純正を交換する時は、また履きたいな。


毎度のことですが、愛機とのお別れは寂しいものです。

このNCは、私のバイク歴の中でも、一番乗り倒したバイクだったんじゃないかな?

不思議なんですが、いい意味で「相棒」と言うよりも、「道具」として乗り倒した充実感があります。
前にも、記事に書いたことがありますが、バイクってなんとなく擬人化してしまうことがあると思いますが、このNCはあまりそういう感じじゃなかったですね。
これはネガティヴな意味ではなくて、まるで自分の手足のように馴染んでくれた、「道具」として極めて優秀なバイクだった、ということなんです。
構えないで、気軽に乗れる、これは大きかったですね。

とにかく乗りやすいバイクでした。
だからこそ、短い期間でここまで乗り倒せたのだと思います。
ま、純正タイヤ(D609)がイマイチだったり、メーターのリコールがあったりもしましたけどね、ま、ご愛嬌ってことで…(笑)

このラゲッジボックスも秀逸でした。

P1130963

新しい相棒になっても、暫くはこれがない不便さに苛まれることでしょう。

とってもいいバイクでした。
自分にとって、NC750Xを大型の入門機としてチョイスしたことは、大正解だったと思います。

P1130948

最終的に、総走行距離は27,000kmを超えました
たくさん走ったね~。



短い間だったけど、本当にありがとう、NC。
こんなにあっけなく、かつ唐突なお別れで申し訳ない…。

次も、いいオーナーさんに巡り会えますように…。

P1130949

2015年5月 2日 (土)

悪魔の囁き…

…前回の続きです。

NCのェーンとスプロケ、そしてブレーキパットの交換と、GWのバイク封印という事実を突きつけられたワタシ。

ところが、目の前には次期相棒候補の見積もりが…。

しかも、次期相棒候補はノーマルなら5月3日の納車が可能との悪魔の囁き…

それならGW後半は充分に走れます!

と言うことで…、

悪魔の囁きに勝てませんでした…。
NCよ、申し訳ない(泣)

表題の通り、即断即決です。



でも、実を言うと、30,000kmを突破したら乗り換えするつもりでしたので、奥さまへの説得やら資金計画やらは、実は完了していたのでした(笑)
もっとも、時期は6月~7月を考えていたので、やや早まってしまった形なんですけどね。

NCのチェーンもつい2ヶ月強前の1年点検では、もう少し大丈夫かな…と言われていたので、こんなに急速に伸び伸びになるとは思ってませんでした…。
事前にチェックもしていただけに、マジかよって感じでした。
実際、1年点検でチェーン&スプロケ交換していたら、まだまだNCに乗っていたでしょうね。

ただ、こういうことって、天啓だと思っているので、やっぱり即断です。



前回、シングルさんにも見抜かれちゃいましたが、普通はチェーンの交換と新車購入を比較しないですよね(笑)

部品交換よりと新車納入の方が早いのかい!ってのもおっしゃる通り(笑)
最近、次期相棒候補が結構売れているみたいで、こちらの夢店チェーンでも台数を確保したばかりのナイスなタイミングだったみたい。

チェーン交換も、たまたまGW前半が夢店のお休みだったためですが、2りんかんとかNAPSとか行けばすぐできますよね。
でも、自分的には整備はこの夢店に全て任せてますのでね。
基本、浮気はしない小心者ですから…(笑)



ま、いずれにせよ、これらすべてひっくるめて、天啓です!


…と言うことで、新しい相棒は納車後、ご紹介しますね。

2015年5月 1日 (金)

NC750Xから異音がっ…!

お泊まりツーリング二日目のことです…。

走行中、何か異音が聞こえてきました、

「カリカリカリ…、カリカリカリ…」

不気味な音…。

前方から聞こえてくるような気がして、何回も前輪周りをチェックしましたが、異常は発見できません。
走り自体にも、特に違和感はありませんでした。

不安を抱えつつ、それでも磐梯吾妻スカイライン他を堪能し、福島から高速で埼玉まで戻ってきました。
帰りの高速は、生きた心地もせず、いつも以上に慎重な運転をしました。
なんとか浦和ICに無事たどり着き、近くの2りんかんで再度足回り等をじっくりチェックです。

すると、やはり前輪部分は特に異常は見当たりません。

で、後輪…。
あちゃ〜!、チェーンがたるたるですわ。


先週、このお泊まりツーリングのために、チェーン清掃&注油をし、問題ないことは確認していました。

ですが、既に弱っていた純正チェーンが長距離高速走行に耐えられなくて、伸びちゃったようですね。
チェーンが弛んで、上の部分がフレームに接触していました。
外れてタイヤロックしたりしなくてよかった〜。
それくらい弛んでました。
危なかったです。

…と言うことで、恐る恐る夢店まで持ち込み、診てもらいます。

診てもらっている間、お店の方や常連さんとしばし歓談。
このツーリングで27,000kmを突破したこともあり、30,000km越えたら乗り換えも考えようかなと思っていましたので、次なる相棒候補の相談なんかをしていました。
見積もりなんかもしてもらったりなんかして…(笑)

しばらくするとNCを診てくれた工場長から、
「スプロケとチェーン、それとフロントのブレーキパットは交換しないとダメ!」
との通告が…!

今のままだと、調整ギリギリやっても、せいぜい1,000km走れるかどうからしい。
それもお薦めできません、と言われてしまいました。
そりゃそうだよね。
でも、1,000kmってGW二日分かいっ!

…で、ギリギリ調整後のチェーン回り。
(お泊まりツー後直行ですので、ドロドロですが…)

Img_2703

たるたるのチェーンは写真撮り忘れてました…。

とりあえずは、走れるようにはなりました。

…ですが、全て交換するとなると3~4諭吉はかかる!
しかも、部品の関係でGWは乗れません(泣)
だからと言って、交換せずに不安を抱えながら走るのもなぁ〜。


う〜ん、どうしたもんだか…?


…って、どうなるか、大体想像できますよね…(笑)

と言うことで、つづく。

2015年4月30日 (木)

NC750Xでお泊まりツーリング(その2)〜荒涼の火山地帯編

4月25日(土)

前日は、盛岡の地酒「あさ開」の冷酒一杯でダウン。
しかも、20時位には爆睡してました。
なので、4時前に目が覚めてしまった…。
自分的には7時間も寝るなんてことは滅多にないので、きわめて気分爽快!

…と言うことで、熱いシャワーを浴び、早速出発の準備。

この日は、毎度お馴染み、私的にはビーナスラインと並ぶ名道の横綱、『磐梯吾妻スカイライン』を走るんです!

P1130818

ついでと言うとアレですが、『磐梯吾妻レークライン』『磐梯山ゴールドライン』も走ります。

ホテルをチェックアウトし、貧乏一人旅の私はセブンコーヒーとおにぎりで朝食。

P1130795

一応、地元三陸沖産の具を使用したおにぎりです。

朝食後は、東北道盛岡南ICから福島西ICまでひた走り。
前日に引き続き、アクセレーターロックシステムがフル稼動!
やっぱり、これ、いいです!

途中、行きも寄った長者原SAで休憩&給油。
その後は、福島までノンストップです。

福島には、3時間程で到着。
走行距離は、約260km。
埼玉〜盛岡間の概ね中間地点なんですね。
そう考えると、福島って近いですね。

さて、福島西ICを降りると、磐梯吾妻スカイラインはあっという間。
スカイラインの途中、美しい山々とまだ咲いている桜、そしてNC。

P1130796

メインのポイントまでの途中にある「つばくろ谷」

P1130805

そして、「天狗の庭」

P1130811

ここから見る景観も素晴らしいです。

P1130813

この日の天気は、今までここに来た中では一番の晴天です!

そして、いよいよメインポイントに到達。

何回来ても、この壮大な荒涼とした荒野には目を奪われるばかりです。

P1130829

吾妻小富士もくっきり。

P1130825

ほとんど貸し切りの荒野。

P1130823

そして、「浄土平」に到着です。

P1130833

予定よりも早く着いてますので、ここでたっぷりとこの壮大な自然を堪能します。

P1130845

まずは、吾妻小富士を登ることにします。

P1130857

最初に来た時(2014年5月)にも登りましたが、この時はかなり風が強く、登るのにも難儀しました。
でも、この日は風も穏やかでしたので、登るのもあっという間。

P1130864

火口です。

P1130866

山頂から見た浄土平。

P1130888

山頂から見た磐梯吾妻スカイライン。

P1130870

そして、山頂から見た素晴らしい景観。

P1130885

P1130886

これだけダイナミックな自然というのは、滅多にないでしょう。

しばらく山頂で景観を楽しんだ後は、再び浄土平に降りてコーヒータイムです。
ここで、piece cafe開店。
こんなところでバーナー使ったら怒られるかなと思ったのですが、せっかくなので決行しちゃいました。

P1130896_2 P1130893

最高ですね。

ちなみに、この浄土平に「日本の道100選」の指標がありました。

P1130855

この指標を探して100選巡りというのもいいかも…。

ということで、十分に浄土平を堪能したので、出発です。

浄土平より先の磐梯吾妻スカイラインは、雪の回廊チックな山岳道路です。
さすがにアスピーテや樹海ライン程ではないものの、気持ちよく快走します。

「秋元湖」近くから、磐梯吾妻レークラインに入ります。

P1130901

秋元湖は、浄土平あたりの圧倒的な迫力には及びませんが、静かな雰囲気ある湖。

P1130900

そして、「三湖パラダイス」と名づけられている展望台から見た景観。

P1130902

「小野川湖」のほとりで…。

P1130907

前回走ったときは、磐梯吾妻スカイラインの印象が強すぎて、正直レークラインの印象はほとんどなかったのですが、改めて走ってみると随所に見どころのあるいい道でした。

そして、「桧原湖」畔で昼食。

P1130920

会津の名物らしい、「山塩ラーメン」

P1130916

みかけは何の変哲もない塩ラーメンですが、味わいのあるスープでしたね。

食後は、「五色沼」と言われる沼の数々を見学。

P1130917

さて、食後は磐梯山ゴールドラインです。
こちらは林間部を走る、比較的狭い道です。
こちらも気持ち良いクネクネが続きます。
磐梯山の麓を走りぬきます。

P1130923

「猪苗代湖」も見ることができます。

P1130928

P1130932

…と言うことで、3名道完走!

ミッションクリアなので、磐越道から帰路に着きます。
途中の磐梯山PAでのショット。

P1130944

帰りの高速もほとんど渋滞もせず、無事に帰宅です。
帰ってみると、スクリーンが虫アタックでどろどろ(笑)
やっぱり春ですね~。

Img_2702

こうして、お泊りツーリングも無事終了しました。
本日の総走行距離、654km。

Img_2701

二日間の走行距離は、合計1,337.3km。
よく走りましたね。
楽しかったです…。

ちなみに、本日4月30日、硫化水素ガスの濃度上昇により、磐梯吾妻スカイラインは通行止めになっています。
なんでも、1959年の開通後初めてとのこと。
走っておいてよかった…。


でも…、

…これがNCとのラストツーリングになるとは、予想だにしていなかったのであった…。

2015年4月26日 (日)

NC750Xでお泊まりツーリング(その1)~雪の回廊編

4月24日(金)

なんと平日の休みが取れました!
…と言うことで、この時期です、当然雪の回廊でしょう!
せっかくなので、思い切って『八幡平アスピーテライン』まで足を延ばすことにします。

P1130714

考えてみれば、昨年の夏に東北周遊ツーリングした時、この道が名道巡りの最初でした。

…と言うことで、レッツラゴー!
朝6時前に出発。
目的地までは、500km超の長丁場。
安全運転でゆっくり行きましょう。

浦和ICから東北道に入り、ひたすら北上。
最初の休憩は、浦和から150kmの那須高原SA
ここで、朝食の朝ラーです。

P1130679 P1130677

前回と全く同じパターンで白河ラーメンです。
やや寒いせいか、今回の方が美味しく感じます。

ちなみに、雪の回廊に挑むということで、完全冬装備を準備しています。

次の休憩は、燃料補給の国見SAを挟んで、那須高原から222km先の長者原SA
ここでは、とちおとめソフトを食します。

P1130680_2 P1130681

なんか食べてばっかの気が…(笑)

そして最後の休憩、岩手山SA

P1130688

石川啄木の歌碑がありました。
もう、岩手県です。
ここまで、6時間強といったところ。
まぁ、二回の休憩をはさんでますから、悪くないペースですね。

ということで、松尾八幡平ICから降りて…

P1130697

いざ、八幡平アスピーテラインへ!!

麓はあまり雪はありません。
岩手山がとんでもなく壮観です。

P1130707

冒頭のアスピーテラインの古ぼけたモニュメントと岩手山。

P1130708

そして…

キタ~o(*^▽^*)o!!

P1130716

半端ない雪の回廊。

P1130719

ここは、「厳太岩」のところで、実はまだ序の口。
それでも、そびえたつ雪の壁。

P1130720

こちらは厳太岩です。

P1130721

当たり前ですが、昨年の夏と同じ。
NCの頭に似てます(笑)

先に進むともっとスゴイ。

P1130731

P1130733

透けるような青空がまた最高です。

P1130736

…と、いささか興奮気味に書いておりますが、夏に来た時に比べ、やはりこの道は冬景色が最高ですね。
ちなみに、この日のアスピーテは、とてつもない強風。
アクアラインで鍛えている私でも、吹っ飛びそうなくらい。
もはや“暴風”ですね。

雪の回廊や周りの冬景色に興奮しつつ、かつ暴風に飛ばされそうになりながら、なんとか八幡平頂上入口の見返峠にある八幡平レストハウスに到着。

P1130745

駐車場のおっちゃんに、「バイク倒されんようにね~」と言われながら、レストハウスの横、風裏に駐車。
でも、本当にスゴイ風。
これは未体験ゾーンです、相当気をつけねば…。

でも、そのせいか、景観はものすごく綺麗でしたね。

P1130747

ここは、岩手県と秋田県の県境だったんですね。

P1130737

前回の時、先を急ぐあまりに素通りしてしまいましたので、この景観や県境だということも見てません。
やはり、もう少し余裕のあるツーリング計画にしないとね~。
…、といっても今回もかなりのハードツーリングですけど(笑)

で、レストハウスでしばし休憩&昼食。
名物?の「八幡平厳太カレー」。

P1130739

う~む、単なる観光地価格のカレーにしか思えないが…。



さて、この後もアスピーテラインを突き進みます。

ところどころ、景観がキレイなんですが、とにかく風がね、キツイです。

P1130761

ここは後生掛温泉の入口。

P1130748

そして、大沼。
演歌の世界観ですな。

P1130753

ということで、アスピーテラインの終点に到達。

P1130755

実は、見返峠の地点で本日冬季閉鎖解除したばかりの「八幡平樹海ライン」を走り、アスピーテラインをもう一周して、田沢湖~盛岡方面に抜ける予定だったのですが、この風でアスピーテの二周は厳しい。
「無理をしない」のがモットーですので、ここから見返峠に引き返して、八幡平樹海ライン経由で盛岡方面に行くことにします。

ということで、お初の樹海ラインです。
ここも雪の回廊なんですが…

P1130762

なんか、アスピーテよりもスゴクね???

P1130767

道も、気持ちよいワインディングが続き、結構自分好み。
いいですね、樹海ライン。

下界に降りてきますと、季節が一変します。
ほとんど夏景色。
20~30kmしか離れていないんですけどね。

P1130771

雪の回廊にはとんでもなく感動した訳ですが、この日のベストショットはこれですね。



さて、本日のお宿も盛岡駅前にあるビジホに決まり、後は盛岡を目指すだけですが、途中、「焼走り溶岩流」に寄ってみました。

P1130773

溶岩地帯から見た岩手山。

P1130777

しかし、この岩手山と言う山は不思議な山ですね。
この日だけでも、冬景色、夏景色、溶岩といろんな顔を見せてくれました。
自然って不思議です。



と言うことで、盛岡駅前のビジホに無事チェックイン!!

夕食は、盛岡なんでやはり冷麺でしょう!
チェックイン後、狙いをつけていたお店に早速行きます。

「ぴょんぴょん舎」

P1130787

ソロ焼肉するつもりはなかったんですが、冷麺だけっていうのもなんなんで、セットでちょっと焼肉。
つまみにはちょうどいいかも。

P1130783

プッハー!!!!!!!!!
これですよ、これ。
このために走ってるんだよなーと。

で、冷麺。
辛い物好きなので、特辛にしてみました。

P1130784

これね、すっげー美味いです。
今まで、冷麺ってあんまりうまいと思ったことなかったんですが、これは美味い。

大満足してお会計したんですが、なんと、ここで銀行からお金降ろすの忘れていたことに気づきます(泣)
とりあえず、ここの払いは大丈夫ですが、残りの所持金1,700円也。
今どきの小学生のお小遣いか?

まぁ、明日の朝食と昼食代足りればいいかと、そのまま宿に戻ります。
まるで、学生時代に日本をバイクで回っていた時みたい。
ちょっと懐かしい(笑)

で、現金は明日のためにとっておいて、持っていたnanakoカードに少しだけ残金があったので、それで部屋吞みです。

P1130794

ちなみに、この「あさ開」ってお酒は盛岡の地酒です。
しかし、やはり疲れていましたね、
一杯冷酒飲んだらバタンキューでした。

本日の総走行距離、683.3km。

Img_2688

良く走りました~。
と言うことで、その2に続きま~す。

乞うご期待!


*******************************************************************

ここからはちょっとおまけ。
今回のロンツーで、「アクセレーターロックシステム」を導入してみました。

P1130675

名称は仰々しいですが、要はバイク版のクルーズコントロールですね。
やったことはありませんでしたが、昔っからある「洗濯バサミでアクセルを固定」するやり方と同じです。
で、効果の程ですが、これはすこぶる良い!
アクセルを開けておきたい角度に開いたら、人指し指でこれを下げるだけ。
これで固定できます。
後は、そのまま手を放しても大丈夫です(もちろん放しませんけどね)。
アクセルを閉める時(解放する時)は、普通に閉めればいいだけ。
微妙な力の加減が秀逸なんでしょうね、固定も解放もスムーズです。
アクセルを固定するというと一見危なそうなんですが、慣れれば問題なし。
私のように、高速を多用するライダーには便利なアイテムですね。
ネットでも比較的評判が良いようです。
洗濯バサミをデザイン化しただけですが、アイディア勝ちかな。
でも、税込で3,000円越えはちょっと高い!!

2015年4月23日 (木)

NC750Xで「Honda Dream Cafe」in 長浜海浜公園!

4月19日(日)

今日は久しぶりの『Honda Dream Cafe』で、静岡県熱海市にある長浜海浜公園までマスツーリングです!

P1130655

前日の恋する豚ツーリングの疲れもなんのその、朝早くから集合場所の東名港北PAに向かいます。
珍しく首都高〜東名共に渋滞なし、ラッキー!

そんなこんなで、予定より30分早く到着しましたが、参加メンバーは半分以上お揃いの様子。
全員の到着を待って、早速レッツラゴーです。

途中、小田原厚木道路の小田原PAで小休止。

P1130646

ここで、VFR800F(赤)に乗っておられる方としばし歓談。
跨らせてもらっちゃいました。
こちらのVFR800Fは、自分が試したかったローシート&ハンドルアップ仕様。
NCに比べれば当然前傾キツイんですが、大分乗りやすいポジションになりますね。
いいなー、買っちゃおうかなー。

なんてことを考えながら、まずは真鶴半島に向かいます。

Dsc00707

あまり天気は良くないですが、景観はいいですね〜。
やっぱり海はいいですなー。

Dsc00710

で、到着。
途中、若干雨にも降られましたが、順調です。
会場には、早くもたくさんのバイクで賑わってますね。

P1130652

ここで、コーヒーサービスと参加記念のピンバッジをもらいます。
そして、しばらくまったり。

P1130650

晴れてるのに雨が降ってたり、変な天気です。

小一時間ほどだらだら歓談し、会場を後にします。
この後は、亀石ICから『伊豆スカイライン』を北上し、芦ノ湖方面に向かいます。

P1130659

毎度お馴染み伊豆スカですが、動画も撮ったものの、結構詰まっていたのでイマイチの絵ズラ…(泣)
なので、掲載は却下となりました。
まぁ、マスツーですから、安全第一でOKかと。

で、芦ノ湖に到着です。

P1130664

ここで昼食タイム。
大所帯なので、皆さんバラバラのお店に入ります。
私も何人かのメンバーさんとフツーのレストランへ。
で、名物と一応うたわれている「海賊丼」をオーダー。
で、着丼。

P1130663

ワカサギとトラウトのフライ丼ですね。
量は少なめでしたが、それなりにうまかった。

ここでもメンバーさん達とバイク談義。
こういうのはマスツーのいいとこですね。
中には、なんとVFR800Fを契約したばっかりの方も!
何気に人気ありますね〜。
VFR800F話に花が咲くと、自分も本当に欲しくなっちゃうなー、ヤバイなー(笑)

昼食後は、しばし芦ノ湖界隈をふらつきます。

P1130665

なんか海賊船も発着してますね。

P1130667

そして、この日最後の立寄地「富士八景の湯」でまったり温泉に向かいます。

P1130668_2

写真はイマイチですが、お湯はとても良かった。
マスツーで日帰り温泉って初めてです。

ということで、無事マスツーも終了。
帰りの東名は大渋滞でしたけどね〜(泣)
自分の技量の範囲で機動的走行!
んで、本日の総走行距離、315.1km。

Img_2678

おっ、昨日と同じくらいですね。
ちなみに本日の燃費は、久々に30km越えました。
ここのところの燃費低迷は、フューエルワンの影響ではなく、気温の関係だったのだろうか…?

今回は、いつもの夢店ツーより比較的のんびりモードでした。
自分はこのくらいのペースの方が、マスツーの時はいいかな…。
ソロだと、はるかにハードプレイが好きなんですけどね(笑)

2015年4月21日 (火)

NC750Xで“恋する豚”ツーリング?

標題を見て、なんだこりゃ?と思った方もいらっしゃると思いますが、4月18日(土)、千葉県香取市にある『恋する豚研究所』に行ってきました。

P1130547

恋する豚って言っても、豚“に”恋する訳ではなくて、豚“が”恋するんですな〜。
ますます訳わからん?
ま、追って説明することにしましょう。

と言うことで、自宅から国道6号線に入り、利根川まで北上します。
利根川からは、川沿いを銚子まで走る『利根水郷ライン』を快走します。
川沿いは菜の花で綺麗ですね〜。
まさに春本番。

Dsc00691_2

今日はジャケットの裏地を外しました。
ポカポカとまではいきませんが、寒くはないです。

途中、利根水郷ラインの一部で少しばかり渋滞しましたが、ま、ほぼ順調。
空いていると、走っていてとっても気持ちのいい道です。

Dsc00694_2

ということで、2時間半程度で目的地に到着です。

P1130540

回りは畑や田んぼに囲まれたのんびりした雰囲気。

P1130541

ここでは、「在田農場」で乳酸菌や麹菌を発酵させた飼料で育てられた、美味しい豚肉を食べさせてくれるんですな。

“恋する豚”とは、
「恋をすれば、健やかで美味しい豚が育つんじゃないかと楽しい想像をしています」
とのことでネーミングされたらしいです。

恋してるのに食べちゃうのかよって感じです(笑)

で、いざ食堂へ。
11時の開店と同時に、すぐに満席。

P1130527

お目当は、しゃぶしゃぶ定食。
10分程で着丼です。

P1130519

豚肉はピンクでとてもきれいなお肉。

P1130522

野菜は千葉県産の水菜とほうれん草。

P1130520

で、しゃぶしゃぶします。

P1130524

う、うまい。
うますぎる。
これで1,080円は安い。
コスパも最高です。
肉は甘いし、意外だったのが野菜が美味い!
しゃぶしゃぶで野菜が美味いと思ったのは初めてでした。

完食(笑)

P1130526

追加でお肉も頼めますが、減量の観点からがまんがまん。

食堂の一角には、豚肉や加工食品が売っていました。

P1130528

と言うことで、本日のメインミッションは早々にクリア。
でも、まだお昼前でもありますし、軽く流すことにします。
向かうのはライダーの習性に従い、近辺の先っぽ巡りです。
この近辺の先っぽと言えば、「刑部岬」「犬吠埼」ですね。
まずは刑部岬。

P1130550

ここにはこじんまりとした「飯岡灯台」がありました。

P1130554

こちらは飯岡漁港。

P1130562

続いて、東洋のドーバーと呼ばれる「屏風ヶ浦」に向かいます。

屏風ヶ浦には、銚子マリーナからアプローチします。

P1130596

本当は、屏風ヶ浦の真上から展望できる穴場を探したかったのですが、入口が見つかりませんでした。
残念!

で、こちらが屏風ヶ浦の全景。

P1130584

P1130585

銚子マリーナからは屏風ヶ浦に向かう遊歩道があります。

P1130576

色んな地層が混じっています。

P1130579

しばらく散策した後、もう定番となりつつあるpiece cafeを海辺でオープンです。

P1130590

屏風ヶ浦を背景に、コーヒーブレイク。

P1130591

粉ですが、一応スタバもの。
少しずつグレードアップしています。

さて、銚子マリーナを後にすると、次なる先っぽ犬吠埼に向かいます。

途中、「犬岩」や…

P1130598

「千騎ヶ岩」に寄ります。

P1130604

ここら辺は、変わった地層や岩などがたくさんありますね。

ここから犬吠先までは、そんなに距離はありません。
あっという間に、到着。
「犬吠埼灯台」ですね。

P1130623

そして、白いポスト。

P1130613

ここは、VTR-F時代にも来たことがありますので、写真だけ撮ってさっさと退散。

そして本日の最終立寄地、「ヤマサ醤油工場見学センター」

P1130629

工場見学は予約がいるので、この日は見学してません。
ここへは、このために来ました。
「醤油ソフト」

P1130632

うーむ。
今まで食べたソフトの中でも、上位にランクインですね、美味しいです。
黒糖も素材としては入っているのでしょうか?
醤油とマッチしていて、とてもコクがあります。

醤油関連商品の売店もありました。

P1130634

ということで、帰路につきます。
本日の総走行距離、310.5km。

Img_2675_3

で、本日の戦利品で一杯。
恋する豚研究所のソーセージ、ハム、ベーコン。
ヤマサ醤油の工場限定の甕出し醤油。

P1130645

最高ですな…。

2015年4月14日 (火)

NC750Xでファーストビーナス in 2015

4月12日(日)

この日は休日出勤もなく、久しぶりに天気もOK!
当然走るしかありませんね(笑)

と言うことで、行ってきました毎度お馴染み「ビーナスライン」
今年お初です。

P1130466

実はビーナスラインは、まだ冬季閉鎖中。
ですが、霧ヶ峰や白樺湖界隈は通年走れるんですね。
知らなかった…。
もっとも、3月に雪崩で車山〜霧ヶ峰間も通行止めだったよう。
それも4月9日に通行可能になったとのことで、走れます!

久しぶりのロンツーです。
胸が高鳴りますね〜。

んで、いざ出発。
朝は6時半に家を出て、中央道諏訪ICまでほとんど渋滞なし。
珍しいことです。

途中、八ヶ岳PAで小休止。
八ヶ岳が綺麗です。

P1130401

ちなみに桜も満開。

P1130412

その後、概ね予定通り9時前には諏訪ICに到着。
いつもとは逆に霧ヶ峰から車山方面にアプローチします。

霧ヶ峰界隈は、まだ雪が大分ありますね。

P1130422

天気も、快晴とまではいきませんが、結構暖かい。

P1130418

ここで、朝食がてら定番のきのこ汁を食します。

P1130417

美味いです。
空気も美味いしね。

霧ヶ峰から美ヶ原は冬季閉鎖中だと思っていたのですが、なんか封鎖されてない様子。
とりあえず、行けるところまで行ってみましょう!

……ありゃ?
八島ヶ原より先は、やっぱり通行止めですね。

P1130424

仕方ないので、引き返すことにします。
途中の景観は、ビーナスラインならではです。

P1130427

雪の回廊チックなところも結構ありましたね〜。

P1130431

再び霧ヶ峰に戻った後は、いよいよビーナスライン名物ダブルヘアピンです!

P1130434

P1130451

たまりませんね〜、この芸術的なヘアピンは…。

P1130441

ダブルヘアピンの先にある「コロボックルヒュッテ」で、厚切りトーストとコーヒーで一服の予定だったのですが、お休みでした(泣)
なので、早速購入したばかりのケトルを使って、piece cafeの開業です(笑)

P1130447

このケトル、とっても使い勝手良し。
シェラカップ直でお湯を沸かすより、早いし何故かお湯が冷めにくい感じ。
ビーナスラインを背景に、コーヒータイムとは最高の贅沢ですな。

P1130456

おまけに、まわりの景観は最高だし、空気も美味い!

P1130448

P1130449

一服の後は、ビーナスラインを白樺湖まで走ります。
途中、富士見台駐車場で撮影タイム。

P1130462

この時期、スキー場は閉まってしまっていますし、一般的にはビーナスラインは冬季閉鎖だと思われているらしく、車もバイクも人もとっても少ない。
はっきり言って、穴場の時期です。
雪の回廊チックなビーナスラインも走れますしね。

では、八島ヶ原からのビーナスライン、名物ダブルヘアピンも含めて、動画でどうぞ!

外部マイクをシートの下に設置しているので、風切り音は無くなりましたが、イマイチ安定性にかける上に、いらんものまで写ります(泣)
お気に入りのダブルヘアピンあたりは、私のビーナスラインのテーマ曲であるRe:plus、アンド最近のお気に入りThe Piano Guys

さて、ビーナスラインを白樺湖まで走破した後は、ちょっと外れて今まで行ったことのなかった女神湖に初訪問。

P1130476

女神湖のご利益。
ホントにそうだといいんですが…。

P1130473

この後は、再びビーナスラインと「八ヶ岳ズームライン」を経由して、これまたお気に入りの「八ヶ岳高原ライン」を走ります。

P1130483

ここはズームライン近くだったと思いますが、南アルプスが展望できる場所でパシャ!

P1130479

八ヶ岳高原ラインは、とても好きな名道。
走っていて、気持ちの良い道です。

P1130486

前にもレポしたことがありましたが、八ヶ岳高原ラインのシンボル「東沢橋」
赤が鮮やかです。

P1130490

その後、東沢橋とは対照的に黄色が鮮やかな「八ヶ岳高原大橋」を渡って、これまた前にも来た「中村農場」で昼食です。

P1130503

でも、スゴイ混雑…。
名前を書いて待つのですが、当分呼ばれそうもないので、先程の八ヶ岳高原大橋まで戻って撮影してくることにします。
大橋の対面に、ちょっとした高台があってそこからバシャ!

P1130497

この橋の紹介でよく使われている構図です。
写真の腕の問題はありますが…(笑)

撮影後は、再び中村農場に戻り、一時間くらい待って、ようやく店の中へ。
ここの売りは親子丼なのですが、前回食したので、今回は焼鳥+TKG(卵かけご飯)定食を頼んでみましょう。

P1130508

こちらは八ヶ岳地鶏の卵。

P1130510

そして、サービスでつけてもらった手羽先。

P1130511

手羽先は弾力があって食べごたえがありましたが、やきとりはなんか普通。
TKGも普通。
やはり、ここは親子丼一択ですね。

さて、昼食の待ち時間が長かったこともあり、食べ終わるともう15時過ぎ。
八ヶ岳高原ラインを戻って、中央道小淵沢ICから帰路に着きます。

高速に入ると急激に眠気が襲って来ました。
仕方ないので、境川PAで休憩。
中村農場でおやつとして買ったシュークリームを食します。

P1130512

それから、30分ほど昼寝タイム!

Img_2657

PAの芝生の上で横になっていたのですが、意外にポカポカと暖かくていい気持ち。
頭をスッキリさせて、いざかっ飛んで帰るぞ!

……、お約束の渋滞。
やっぱりか!
上野原から小仏トンネル、八王子から調布まで。
毎度毎度、かなわんなー。
と言いながら、機動的走行でなんとかクリアし、18時過ぎに無事帰宅。
本日の総走行距離525.8km。

Img_2659

結構走ったけど、久しぶりに自分の好きなパターン、好きな道を走ったツーリングだったので、とっても楽しかったです。

来週は、夢店のマスツーです。
これはこれで楽しみ。
晴れるといいなぁ…。

…って、なんか遠足前夜の小学生みたいですな(笑)

2015年3月30日 (月)

NC750Xで富士山一周タンデムツーリング!

3月28日(土)

この日は…、

「ザ・富士山」

P1120987

です!

毎度毎度のワンパターンですが、休みが取れた奥さまと久しぶりのタンデムで富士山一周ツーリングです。

首都高~東名経由で御殿場から富士山にアプローチする予定でしたが、出発時間が遅かったこともあり、大渋滞…(泣)
少しでも渋滞が少なそうな中央道に変更して、富士山に向かいます。

中央道に入ると、そんなには混んでいませんでした、ラッキー!
で、河口湖ICに到着。
P1120972

完全な青空、ってわけにはいきませんが、相変わらず綺麗な富士山です。

この日は、河口湖を起点に時計とは逆回りに、富士五湖+田貫湖のコース。
これだけの距離のタンデムは、私も奥さまも初体験です。
ドキドキ…。

んで、まずは「河口湖」
河口湖畔の大石公園で小休止。

P1120998

ここの公園では、初夏には一面がラベンダーで紫一色になるとか…。

P1120977

この日はまだくすんだ色してましたがね。

しばし休憩の後、ガンガン富士五湖を回ります。

二番目は「西湖」

P1130007

ちなみに、河口湖~西湖間の湖畔沿いのR21は『湖北ビューライン』と呼ばれ、富士山を垣間見ながら走れる爽快路です。
でも、この日は、途中でこけているバイクが…。
凍結防止のための塩カルがまだ残っていて、ハードに走ると滑りそうな場所が随所にありました。
タンデムですしね、慎重に走っていますが、さらに気を引き締めます。

次は「精進湖」

P1130011

しょうじんこ、ではなく、しょうじこと読みます。
精進湖では、子抱き富士がくっきり。
綺麗です。

P1130013

そして「本栖湖」

P1130022

この看板の場所からは富士山は見えません。
ですが、千円札の富士山は本栖湖畔がデザインになっています。

本栖湖を後にすると、『R139』を南下。
朝霧高原を突っ切ります。
朝霧高原界隈のR139は、爽快感満載の名道です。

途中、牧歌的な風景の前で記念撮影。

P1130035

この日は朝方は寒かったですが、日中は暖かい。
ツーリング日和です。

そして、「田貫湖」へ。
自分のお気に入りのポイントで、piece cafe開業。

P1130043

芝生に横たわって、しばしまったりします。

田貫湖の後は、「ミルクランド」にソフトクリームを食べに行きます。

P1130058

ここには、おもしろい菩薩様が鎮座しています。

「みるく菩薩」

P1130063

そのご利益は…。

P1130064

当然のごとく、胸をタッチする奥さま…(笑)
今さら遅いって…。

P1130066

ちなみに、菩薩様の胸と牛のお乳と、どちらにご利益があるのかは謎です(笑)
こころなし、菩薩様も苦笑…。

P1130065

さて、この後は『富士山スカイライン』をかっ跳びます!
本日は2倍速動画でどうぞ…。



ま、奥さまとのタンデムですので、安全運転第一。
比較的のんびりですが、走りも堪能しました。

余談ですが、BGMで使っている「The Piano Guys」、最近ハマっております。

ちなみに新五合目に向かうスカイラインは、まだ閉鎖中。

途中、水塚駐車場で小休止。

P1130068

この時期の富士山スカイラインは、新五合目へのルートが閉ざされていることもあり空いています。
バイクすらあんまり見かけませんね。
ある意味、穴場です。

この後は、R138を北上し富士五湖ラストの「山中湖」に向います。
山中湖では、いつものベストポイントで撮影。

P1130074

逆光になってイマイチでしたが、肉眼では今日イチのベストビューでした。
ちなみに山中湖では、他の湖で撮った看板、どこにあるか発見できておりません。

さらに、ここでは白鳥さんがやたら人懐こい…。

P1130086

人をまったく恐れず、ズカズカ寄ってきますが、餌を持っていないと見るや…、

P1130095

グワァ!!!!
と咆哮し、とっとと離れます。

あっけにとられる私と奥さま。
見かけと違って、ふてぶてしい奴め。


さて、山中湖を後にし、河口湖界隈に戻ってきました。
これで、富士山一周の完了です。
完全一周は初めてかも。


この時点で16時過ぎです。
ここでようやく昼食。
いつも寄る、ほうとうの「小作」へ。

P1130100

腹を満たして帰路に着きます。

しかし、想像通りと言うか、大大大渋滞!
小仏トンネルから首都高に入って西新宿JCT、最寄りの板橋本町まで全部(泣)

タンデムということもあり、いつもの3倍くらいの慎重さで機動的走行し、19時前に帰宅。
思ったより早かったね、2時間かかってない。

ということで、本日の総走行距離。

Img_2609

タンデムでは当然記録更新。
よく走りました。
奥さまはお尻が痛いと騒いでおりますが、それなり楽しかったよう。
たまにはタンデムもいいですね。

明日は、「東京モータサイクルショー」に行ってきます!

2015年3月28日 (土)

NC750Xで奥秩父ツーリング!

3月22日(日)

この日は、久しぶりにどこかに遠征して名道走りをしてこようと思っていたのですが、日帰り遠征できるところってまだまだ冬期閉鎖ばかり。
ビーナスラインやら金精道路やらね。
暖かくなってきたとは言え、意外と中途半端な季節です。
房総半島も伊豆半島も最近走ったばかりですし…。

と言うことで、最近ご無沙汰な地元埼玉、奥秩父方面をまったり流すことにします。

いつもの所沢→R299→秩父ばかりじゃなんなんで、たまには「山伏峠」で峠走りしてみることに。
一応地元なんで、朝もゆっくりスタート。

んで、早速、山伏峠前の「有間ダム(名栗湖)」まで行って小休止。

P1120867

暖かくなってきたせいでしょうか、ライダーさんが多かったですね!

有間ダムの後、「竹寺」という座禅を組めたり、精進料理が食べれるお寺に行ってみたかったのですが、この日のルートからだと、こんなところから登らないといけません…。

P1120868 P1120870

おまけにこの辺り、熊の注意看板がたくさんあります(泣)

実はこの日予定しているメインの目的地は、かなり山の中を歩くことが想定されるものですから、竹寺は体力温存のため断念。
決して熊が怖いわけではありませんよ。

竹寺を断念した後は、正丸トンネルわきまで山伏峠を走ります。

んっ?
山伏峠って、こんなに整備されてる道だっけ?
林道紛いの酷道のイメージがあったのですが、勘違いか!
ウネウネ感が、とっても楽し〜い!
嬉しい誤算です。
とりあえず動画を撮ってましたので、ご覧ください。


結構、ウネウネしてますよね!
前に走ってたライダーの方、めちゃくちゃ速いですね〜。
私はマイペース維持(笑)
でも、この手の峠は久しぶり。
楽しかった〜!

さて、この後は正丸トンネルわきからR299〜R140に入り、大滝温泉方面へ。
大滝温泉を過ぎ、バイク弁当で有名な大滝食堂を過ぎて、旧R140方面へ。
ここらは奥秩父。
もはや山ん中です。
そうこうしているうちに、この日のメインの目的地「不動滝」に到着です。

P1120871

奥秩父の山深い場所に、ひっそりとある滝なんですが、一応、日本の名瀑百選にも選ばれているようです。
でも、あたりは寂しいぞ〜!
看板自体がちょっと不気味…。

P1120873

滝には、旧R140からほとんどけもの道みたいな山道を歩いて向かいます。

P1120930

しばらく歩くと、吊り橋が…。

P1120876

両側に金網があるのでいいのですが、結構揺れますね〜。

P1120931

まわりも苔むしてます。

P1120935

途中、「ささやきの滝」というチョロチョロの滝が…!

P1120879

歩くこと20分。
息も絶え絶え、足はプルプル。
運動不足が身に滲み始めたあたりで、ようやく不動滝に到着です。

P1120911

本当に山の中で、人っ子ひとりいません。
でも、苦労してきた甲斐のある名瀑でした。

P1120901

大分、滝を撮るのも上達してきました。

P1120903

基本、シャッタースピードを遅くして、絹糸のように滝を撮るのが好み。

P1120920

ちなみにシャッタースピードを上げるとこうなります。

P1120926

今度、NDフィルターを購入してみようっと。

沢山滝の写真を撮って満足したので、戻ることにします。
…と、ここで急に熊が心配になってきました。
熊よけの鈴なんて持っていないしな〜。
仕方ないので、iPhoneでももクロをフルボリュームで流しながらバイクまで戻ります。

なんとか、熊にも出会わず、バイクまで戻れました〜。
ホッ…。

この後は、R140の本道から「滝山ダム」「雷電廿六木橋」経由で大滝温泉に戻ります。

P1120936

こちらが、前にもレポしたことのある雷電廿六木橋。

P1120939

滝山ダムとのコラボがいい感じ。
こちらも動画撮りましたので、ご覧ください。

先週の河津七滝ループ橋といい、ループ橋に凝ってますなー。

こちらは雷電廿六木橋下の広場。
滝沢ダムとループ橋とNCのスリーショットです。

P1120946

この広場には、もうひとつの不動滝が!

P1120949

「蛹沢不動滝」というらしい。

P1120955

ネットで調べてみると、不動滝って名称の滝って各地にあるのですね。

この滝のそばには、飲料可能な湧き水があります。
「草薙の水」だって。

P1120956

コーヒー用に、一応汲んで帰りましょう。

気がついたら、もう14時。
「道の駅 大滝温泉」にいって、昼食を取ります。
ここでは、いつも大ざるミニ豚味噌丼セットが自分的には定番。

P1120957

秩父と言えば、蕎麦と味噌漬けの豚なんですが、両方食べられるところってあんまりないんですね。
そういう意味で、ここは便利。
ちなみに、蕎麦も手打ちでかなりのレベルです。

この後、長瀞に行って「阿左美冷蔵」のカキ氷を食べようと思っていたのですが、行ってみたら並んでます(泣)
まだ、寒いから大丈夫だと思ったのですが、皆考えることは同じか…。
んで、並ぶのは面倒なので、スルー。
そのまま、「道の駅 花園」まで行って、おみやを買って帰路に着きます。

帰りの関越道、またしても渋滞。
毎回毎回仕方ないなー。
機動的走行でクリアしながら帰宅です。
本日の総走行距離、291.1kmなり。

帰宅後は、ここのところのツーリングの戦利品と、本日のおみや「秩父錦」でしっぽり(笑)
房総の黄金シイラに戸田の三升漬(二個目)。

P1120960

最高ですな…。

より以前の記事一覧