フォト

インスタグラム

  • インスタグラムはこちらから!

    Instagram

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

人気ブログランキング

映画

2017年12月24日 (日)

再見!『スターウォーズ 最後のジェダイ』!

公開初日に、『スターウォーズ 最後のジェダイ』を観てきたわけですが、どう評価してよいか、自分の中でイマイチ整理ができなかったので、改めて2回目のトライをしてきました!

Img_2269


そして、2回目の結果…

う〜ん、やっぱり自分的にはSWとしては、納得しづらいな〜

様々な論点があるとは思いますが、一番の問題はフォースの捉え方にあるんじゃないか?
そこまでやる?ってくらいのフォース無敵状態。
エピソードⅥまでのジェダイの修行やら葛藤って、一体何だったんだろうと思わせるレベル。
フォースでそこまでできるんだったら、アナキンだってダークサイドに堕ちなかったんじゃないか?
悪魔の実を食べたんだか、超人ロックなんだか(古っ!)…

Img_2271

 

ルークがそれなりに無双なのはいいとしても、そこまでありか〜?と思っちゃいますね。
ましてやレイアにいたっては…
もう、笑うしかないレベル(笑)

Img_2270

ただ…

一方で、これを創造的破壊と捉える向きもあるかもしれない。
本作を、旧6部作とは一線を画した、全く違うサーガだとするなら、一旦は旧作の世界観を木っ端微塵にする必要もあったのかもしれない。

そこまで考えて、ここまでの破壊をしたならば、それはまさしく創造的破壊であって、今後のSWシリーズの行き方によっては、後々傑作との評価を得られる可能性もあるのではないかと…

私個人としては、旧6部作にシンパシーを感じているので、この破壊の肯定はしづらいんですけど…

…ということで、とりあえずSWシリーズ最新作というよりも、単なる一作品の評価として★★★★☆としておきます。

なんだかんだ言っても、2時間半の長時間、退屈せずに観てられますからねぇ。
面白いことは面白いのですよ。

この後の展開次第では★5つになるかもしれないし、★1つになるかもしれない。
まだまだ未解明、というか納得できていない謎もありますし…
(レイの両親って本当にそうなの?とか、スノークて結局何だったの?とか、その他諸々…)
停止条件付きの評価ですね。

こうなったら、なんでもありですから、エピソードⅨではハン・ソロはやっぱり生きてた、なんてのもあり得るかもしれないしね〜

そういう意味で、エピソードⅨを待ち遠しくさせる手としては、なかなかな策士な作品なのかも…(笑)

 

※ブログランキングに参加しています※
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 

映画 ブログランキングへ

2017年12月16日 (土)

映画『スターウォーズ 最後のジェダイ』〜良くも悪くも想定外!

待ちに待った12月15日。
 
そーです、『スターウォーズ 最後のジェダイ』の公開日です!

Img_2178

 
そそくさと仕事を切り上げ、愛娘と合流。
まずは夕食です。
愛娘のオーダーで、牛タン(笑)
「いきなりステーキ」系列の牛タン屋さんの『なとり』です。

Img_2182

Img_2188

まぁら普通に美味いですな。
ちょっとだけ喉も潤します。

Img_2181

 
そして、いざシネコンへ!

都心の映画館辺りに行くと、前夜祭のように、コスプレとかで盛り上がっている人が多そうですねぇ。
地元のシネコンは混んではいますが、至って普通(笑)

 
さて、肝心のSWです。

いやぁ、大興奮!
 
…と言いたいところですが、正直言って、よくわからん…

 
決してつまらないとかそんなんじゃないのですが、前作からの謎が収束するどころか、より拡散しちゃってるような感じ。

Starwarsthelastjedi700x409

SWフリークの間では、前作の『エピソードⅦ フォースの覚醒』公開以来、様々な憶測や予想をして楽しんでいたわけでしたが、良い意味でも悪い意味でも、予想を裏切る展開だったんじゃないか…?
それを楽しむんだ!、という観方も当然あるとは思いますけど…
 

ただ、『エピソードⅤ 帝国の逆襲』の、
“I am your father!”
の時の衝撃とは、趣が全然違いますねぇ。

ネタバレになるので、ここで色々書くのは差し控えますけど、私的には諸手を挙げて絶賛は出来ないかも…
世の中的にも、これは賛否両論あるんじゃないかなぁ…?
 

カイロ・レン=ベン・ソロが、闇落ちした理由も軽いというかなんというか…

Yjimage

『エピソードⅢシスの復讐』で、アナキンが散々苦しみながら闇落ちしたのに比べて、この軽さはなんなんだろう…?

 
とにかく、もう一回くらいは観てみないと、良し悪しは判断できないですね。

…ということで、初めてのことなんですけど、それまで評価は保留します。

 
ひとつだけ、前作よりはっきり良かった点は、レイ演じるデイジー・リドリーが、今作の方が可愛いこと。

Cap00012

こういうのは、結構大事です(笑)

 
 
※ブログランキングに参加しています※

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画 ブログランキングへ

2017年12月14日 (木)

映画『オリエント急行殺人事件』〜新旧対決、どっちがいい?

12月10日(日)

この週末もバイクに乗れませんでした(泣)
忘年会の二日酔いと、ちょっとした試験があってお勉強…

…ということで、試験終了後の日曜日、行ってきました『オリエント急行殺人事件』

Img_2143

トルコ発フランス行きの豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人富豪のエドワード・ラチェット(ジョニー・デップ)が刺殺体で発見される。偶然列車に乗り合わせていた探偵のエルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)が、鉄道会社に頼まれ密室殺人事件の解明に挑む。乗客のゲアハルト・ハードマン教授(ウィレム・デフォー)やドラゴミロフ公爵夫人(ジュディ・デンチ)、宣教師のピラール・エストラバドス(ペネロペ・クルス)、キャロライン・ハバード(ミシェル・ファイファー)らに聞き取りを行うポアロだったが……。

アガサ・クリスティの名作中の名作のリメイクなので、ストーリーも犯人もわかってますけどねぇ(笑)

ちなみに、復習ということで事前に旧作の方もレンタルビデオで鑑賞済みです。

Crkx7655_2

さて、見比べた結果ですが…

…、どっちもそれなりに面白かった。
両方とも評価★★★★☆

ストーリー自体やラストのオチは、ほとんど同じ。
なので、クラシカルでシンプルな構成が好きな方は旧作映像が綺麗で動きを求める方は新作、ってところでしょうか?

私的には、どちらかと言えば旧作の方が好きかな〜。
ただ、新作の映像美も捨てがたい…
オリエント急行と雪の山々の映像が、本当に美しいんですよ。
多分、CGではないと思われます。

ポワロも、新作のケネス・ブラナーの方がアクティブでちょっと立派な感じ…
でも、旧作のアルバート・フィニーのなんとく傲慢な感じが、癖があって私は好きです。

Ohki9665


ちなみに、新作のラストはちょっとした含みあり。
ひょっとしてあの作品もリメイクするのかな…?
((((o゚▽゚︎)o))) ドキドキ♪︎

アガサ・クリスティは、本作も含めて中坊くらいの時にかなり読みました。
ひさしぶりに、もう一回読んでみたくなりました〜!

※ブログランキングに参加しています※

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画 ブログランキングへ

2017年12月 8日 (金)

映画『鋼の錬金術師』〜壮大なコスプレショー…?

12月2日(土)

今日も寒くてベッドから出れず…
最近、休みの日も根性なしでバイクに乗れんなぁ…
 

…ということで、毎度のことながらこんな時は映画です。
本日公開ハガレンこと『鋼の錬金術師』

Img_2053

他界した母を復活させるべく錬金術でタブーとされる“人体錬成”を行ったエドワード(山田涼介)とアルフォンスの兄弟。ところが錬成は失敗に終わり、エドワードは左足を、アルフォンスは体全体を喪失する。数年後、エドワードは失くした体の器官に機械鎧(オートメイル)を装着し国家錬金術師となり、“鋼の錬金術師”と呼ばれていた。兄弟は失ったものを取り戻すべく、“賢者の石”を探す旅に出る。

Yahoo!映画の評価を見ると、とんでもなく低い!
でも、これは原作ファンが必要以上にディスってる可能性が高いので、フラットな目線で見てみました。
 

んで、結論!
評価★★★☆☆

やっぱり〜(笑)

確かに原作ファンからすると、なんじゃこのコスプレショーは…?
…と怒りたくなる気持ちもわからんでもない。

でも、そんなにディスるほどでもないんじゃないかなぁ…
映画全体として出来が良いとはお世辞にも言い難いけど、シーンシーンでは見応えある場面もありましたしね。
 

原作のウィンリィのイメージとは全然違うけど、自分的にはばっさーも悪くなかったと思いましたけどね。

20171026haganenorenkinjutsushi03

ばっさー好きなので、甘いのは仕方ないですけど(笑)
 

コスプレって言っても、それぞれはそれなりに雰囲気悪くないんですよね。
ディーンフジオカのマスタング大佐とか、佐藤隆太のヒューズ中佐とかね…

Roblllz640x428

もっとも背景は日本だね、明らかに(笑)


ホムンクルス達も、個別には悪くはない。
 
359816_006
 
それが集まると壮大なコスプレショーになっちゃうんだな、これが…(笑)
 
 
ここまでのストーリーを2時間余でまとめるのは、やっぱり無理があったかなぁ…
もっとも、続編ありありの終わり方ではありましたけどね…
 
積極的におススメするほどではないかもしれないけど、ま、いんじゃね?、って感じで、私的にはそれなりに面白かったですけどね。
 
 
ちなみにお土産付き…
 
Img_2055_1
 
漫画原作ものは必ずあるねぇ(笑)
 
 

※ブログランキングに参加しています※
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 

映画 ブログランキングへ

2017年11月28日 (火)

映画『ジャスティス・リーグ』〜やっぱりワンダーウーマンが素敵で面白い!

11月23日(木・勤労感謝の日)

翌日の金曜日も休暇を取っているので4連休なんですけど、残念ながら午前中は雨、かつ真冬の気温(泣)
こりゃ、バイクは無理ですな…
 

…ってことで、『ジャスティス・リーグ』です!

Img_1926

ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)は、スーパーマンの捨て身の行動に影響を受け、再び人類を信じるようになる。彼は新たな相棒ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)の手を借り、強敵との戦いに備えて準備を進める。バットマンとワンダーウーマンとしてお互い協力を約束した彼らは、共に戦ってくれるヒーローたちを集めるが……。

前作、前々作のダークな雰囲気を持ったまま、ヒーロー同盟を結成してよくわからない強敵と戦うのですが、はっきり言ってめっちゃ面白い!
自分的には、『ワンダーウーマン』含めて、シリーズで一番良かったですねぇ。

ただ、これも『ワンダーウーマン』あってこそですね。
自分勝手だったり、自虐的なヒーローばかりの中、ワンダーウーマンことダイアナのクールかつキューティさが目立ちます

00

 
戦闘シーンも相当迫力あって、全く飽きなかったですね…

O1200067114063441692

 
しかし、スーパーマンは強すぎですねぇ。
あまりにも強すぎて他のヒーローが霞んでしまうので、次回作はなんか手を打ってくるんだろうな…
それでも、評価は当然★★★★★

私的にDC好きということもありますけど、楽しめるという意味では、今年のベストスリーに入りますね。
 
ちなみにこの作品、最後の最後まで席を立たないことをお勧めします(笑)

 
今年も残り1ヶ月ちょっと…
『スターウォーズ 最後のジェダイ』『オリエント急行殺人事件』『鋼の錬金術師』、は最低でも見た〜い!

Img_1925

 
さて、大満足で劇場を後にした後は、前から行ってみたかった『Tity Diner』へ…

Img_1939

ここのハンバーガーを一度食べてみたかったんですな…

店内は狭いですけど、なかなかアメリカンな感じ。

Oeiy2842

そして、オーダーしたのは限定の「Tity バーガー」

Img_1935

ふわっふわのバンズにに肉ぎっしりのハンバーグがたまりません!

Ooir6809

かなり旨し!

 
DC映画の後のアメリカンなハンバーガー。
なかなか優雅でいい休日です…

※ブログランキングに参加しています※
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 

映画 ブログランキングへ

2017年11月18日 (土)

映画『IT』〜ホラーテイストのスタンド・バイ・ミー!

とある平日の金曜日。
仕事を早めに終えて、品川でスティーブン・キング原作の『IT』を見て来ました…

3ac6bfdba41a0a3e

とある田舎町で児童が行方不明になる事件が相次ぐ中、おとなしい少年ビルの弟が大雨の日に出掛け、大量の血痕を残して姿をくらます。自分を責めるビルの前に突如現れた“それ”を目撃して以来、彼は神出鬼没、変幻自在の“それ”の恐怖に襲われる。彼と同じく“それ”に遭遇した人々とビルは手を組み、“それ”に立ち向かうが……。

私自身、原作は未読ですが、かなり前から映画ファンの間では注目されていた映画。
予告編の動画再生回数が記録的だったり、本国アメリカではかなりヒットしたようですし、私も結構楽しみにしていた一本です。
 

で、映画の方ですけど…
標題で、ホラーテイストの『スタンド・バイ・ミー』と書いた通り、青春ものだと思った方がいいかもしれない。

Yjimage

しかし、冒頭10分間で主人公の弟くんがペニーワイズに襲われるシーンは、かなり緊張感があって怖かったですね。

Itmovie1e1500517103936

 
ここに出てくる子供達は、家庭やらなんやらでなにかしらの問題を抱えている子たちばかり。
ある意味心に闇を抱えていて、そこが“それ”のつけ込む隙だったりするのですけど、この辺りを比較的丹念に、そしてうまく描写しているように感じました。
中盤、やや中だるみしたようにも思えましたけど、そういう意味では仕方ないのかもしれない…

そして、後半“それ”とのバトルになると、俄然盛り上がりを見せてくれます。

Itmovietrailershowspennywiseinthese

突っ込みどころは満載だし、やや粗過ぎる展開ではありますけど、ラストはそれなりに爽快感もあったし、私的には面白かったです!

…ということで、評価★★★★☆

本作はchapter 1ということでしたので、2もあるんでしょう。
楽しみです。

 

見終わった後は、『なんつっ亭』のラーメンで夕食…

Img_1781

ノーマルのとんこつラーメンをオーダーです。

Img_1773

黒マー油が旨し…

Img_1775

硬めの麺も好みで、あっという間に完食。

Img_1778

しかし、夕食にラーメンはヤバし…
ジムに行って、汗かいてくるか!

 
 

※ブログランキングに参加しています※
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 

映画 ブログランキングへ

2017年11月12日 (日)

映画『ブレードランナー2049』〜哲学的とまでは行かずともよく出来た続編!

11月4日(土)

尾瀬紅葉狩りツーリングの翌日。

ほんとはこの日も福島の新設道の駅制覇に出かけようと思っていたのですが、紅葉狩りツーリングのダメージが思いの外キツくて、ロンツーする気にならず、たらたら休むことにしました。

…と言っても、休日を無意味に過ごすのは性分に会いませんので、『ブレードランナー2049』です!

Img_1704

2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は食物供給が混乱するなど危機的状況を迎える。2025年、科学者ウォレス(ジャレッド・レトー)が遺伝子組み換え食品を開発し、人類の危機を救う。そして、元捜査官デッカード(ハリソン・フォード)が突然行方をくらませて以来30年の月日が流れた2049年には、レプリカント(人造人間)の寿命に制限がなくなっていた。

ストーリーはそういうことなんですけど、一言で言うと主人公Kの自分探しですな。

20171006bladerunnerblade4

前作では、ルトガー・ハウアーのレプリカントが、「生」とか「死」を哲学的なレベルまで持っていった作品でしたが、この作品はそこまでの深みがあるわけではありません。

「作られる」と「生まれる」の境目で、主人公K扮するライアン・ゴズリング(あのラ・ラ・ランド!)が悩むところも、哲学的とまでは言えず、前作と比較するとライトな感じです。

Maxresdefault

哲学的ではないとは言っても、それは前作と比べてのお話。
出来が悪いなんてことではなく、それなりによくまとめたと思います。
個人的には、想定の範囲内のストーリーでしたので、もう一ひねり欲しかった感はありました…
  
…ということで、評価★★★★☆

 
ちなみに、Kのコンピュータの彼女、アナ・デ・アルマスがスッゲェ可愛い。

Blade_runner_2049_rain_ana_de_armas

キューバ出身の女優さんだとか。
アメリカって懐深い…

 

※ブログランキングに参加しています※
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 

映画 ブログランキングへ

2017年11月10日 (金)

映画『死霊館』〜とっても怖い上質のホラー!

ホラー好きにも関わらず、今まで未見だったジェームズ・ワン監督の『死霊館』を観ました…

91jxldplecl_sl1500_450x640

1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と発生し、娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)に解決してほしいと依頼する。夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが……。

オーソドックスなホラーな訳ですが、監督があの『SAW』シリーズのジェームズ・ワン監督なだけに、やはり怖い!

スピンオフした呪いの人形アナベルを始めとして、ありきたりなホラー映画の展開なのに怖い!

首が飛んだり、腕がちぎれたりもせず、必要以上に血が噴き出すわけでもないのですが、とにかく怖い!

監督の手腕でオーソドックスなストーリー展開も、いくらでも面白くなる見本みたいな作品ですね〜。

Img_2

唯一、ラストで母親に乗り移った魔女が、予想以上にあっさりと悪魔祓いされちゃうところがちょっと残念…
ここは、激しいバトルするなり、もう少しヒネるなりしてもよかったのではないかなぁ。

と言うことで、評価★★★★☆

このシリーズ、先日劇場公開されたアナベルのスピンオフ作品含めて、現段階でシリーズ4作あるみたいなので、少しずつ観ていきましょうかね…

でも、怖いっ!

 
 

※ブログランキングに参加しています※
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 

映画 ブログランキングへ

2017年11月 2日 (木)

爆音映画祭で『ブレードランナー』〜流石の世界観に脱帽!

雨の土曜日、『ジャポネ』でランチした後…

『ブレードランナー2049』の公開を前に、丸の内ピカデリーで開催中の「爆音映画祭」で、旧作の『ブレードランナー』をやっていると知り、兎にも角にも観に行くことにしました!

Wqek0266

これだけのデカイ映画館で、『ブレードランナー』を観れる機会なんて、これから先あるかどうかわかりませんからねぇ。
万難を排して駆けつけます!


ちなみにこの「爆音映画祭」というのは、普通の映画用の音響セッティングではなく、音楽ライフ用の音響セッティングをフルに活用して映画を上映する、というものらしい。
要は音がいいんですな(笑)

Img_1479


さて、肝心の映画の方ですが、これはもう言うまでもないでしょう。
SF映画の金字塔でもありますし、今見ても古ぼけないこの近未来の世界観は、圧倒的で感動的であります。

Aovb7167


加えて、純粋に生を求めるレプリカントの生き様は、ある種哲学的ですらあります。
ハリソン・フォード主演ではありますが、レプリカントのボスを演じたルトガー・ハウアーが完全に食っちゃってます。

Okup8265


当然ですが、評価は★★★★★

爆音については、確かに迫力はありましたけど、びっくりするほどの音響効果ではなかったかな〜
ヴァンゲリスの音楽が、良い音で聞けたのは良かったですけどね!

さてさて、『ブレードランナー2049』も楽しみです!


そして…、
 
この日はまだまだ終わらない…!


※ブログランキングに参加しています※

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


映画 ブログランキングへ

2017年10月25日 (水)

映画『僕のワンダフル・ライフ』〜愛犬を亡くした身には辛いけど良い映画…!

愛犬ぴーすくんが逝ってから、既に2ヶ月…。

P1050831
 

いまだに家族全員がぴーすロス継続の中、奥さまと号泣必至の『僕のワンダフル・ライフ』を観てきました。

Img_1169

ゴールデンレトリバーの子犬ベイリーは、少年イーサンに命を救われてからいつも一緒に過ごすようになり、彼と強い絆を育む。やがて青年に成長したイーサンは大学入学で故郷を離れ、ベイリーは年老いて死を迎えるはずだった。だが、ベイリーはイーサンに会いたい一心で何度も姿を変えて生まれ変わり……。

簡単に言えば、犬のベイリーが何回も転生して、再び元の飼い主のイーサンに巡り合うお話。
 

全編犬のベイリーの視点で描かれているので、難しいことはなにもなく、シンプルな感情表現がとても楽しい。

1014267_02

死んで転生するプロセスも、悲愴感は全くなく、終わってまた始まるんだ〜っていう単純さ、爽やかさがとても心地よい!
 

それでも、出会いと別れを繰り返す作品であるだけに、随所に泣きどころはあります。
特に、今の私たちのような愛犬を亡くした人には効きますね〜。
特にコーギーがね…

Gallery014947_4

奥さまなんて、終始号泣状態…
 

もちろん、上映時間100分と短い作品の中で転生を繰り返すので、突っ込もうと思えば色々と突っ込みどころは満載…
でも、そんなの野暮というもの。
爽やかさとシンプルを楽しめる佳作と言うことで良いのです!
 

しか〜し。
邦題がいただけません
原題は『A DOG'S PURPOSE』と言うことで、“とある犬の目的”なんですよね。
劇中でベイリーが何度も自問する、「僕って何のために生きてるんだ…?」ってこと。
原題が素晴らしいのに、親父ギャグ的な邦題のセンスはちょっとね…
きっと、犬じゃなくて猫だったら、“ニャンダフルライフ”とかになってたんだろ〜な〜(笑)

その分差し引き、評価は★★★★☆

ベイリーのように、ぴーすくんもうちに戻りたがってくれてればいいんだけど…

 

ちなみに今回は、葛飾区亀有のMOVIXで鑑賞。

観終わった後は、やはり両さん巡り…

Img_1180

1c704720b95d44c98c421b8cbfb1b552

 

リアル両さんもいた!

Img_1199

 

ひと通り散策して、ランチはこちら、『いきなりステーキ』

Img_1178

 

私はワイルドステーキ…

Img_1176

 

奥さまはワイルドハンバーグ。

Img_1175

肉食った!、って感じが幸せですなぁ(笑)

そして、マイレージカードもゲット!

Img_1179

ゴールドカード、目指すぞ〜!

 
 

※ブログランキングに参加しています※
 
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
 

映画 ブログランキングへ

より以前の記事一覧